会長挨拶

会長挨拶

2019-2020年度千里メイプルロータリークラブの会長を務めさせて頂く、木下健治です。ここ5年間2回目の会長が続きました。久しぶりに1回目の会長となりますが、皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

2019-20年度国際ロータリー会長のマーク・ダニエル・マローニー氏は「ロータリーは世界をつなぐ」をRIのテーマに挙げ、ロータリーの礎は「つながりであり、ロータリーにおける「つながり」は独特であり、ほかに類を見ませんと提唱されています。そしてこのテーマの下、ロータリーの奉仕を通じて、有能で思慮深く、寛大な人びとが手を取り合い、行動を起こすためのつながりを築いてまいりましょうと述べられています。

また、国際ロータリー第2660地区のビジョンは、以下の3点を掲げています。

  1. 私達第2660地区はRIテーマを理解し地域にあった活動をすることにより具現化します。
  2. ロータリーの原点である親睦と職業奉仕を根幹とし、世界及び地域社会で良い変化を生み出します。
  3. それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになる事を目指します。

これらを踏まえて、会員皆様のご協力を頂き、以下の活動を実施して行きたいと考えています。

  1. 千里メイプルロータリークラブの伝統的奉仕活動を継承していきます。
  2. 地域に根差した奉仕活動を実施していきます。
  3. 親睦活動を充実させ、会員同士のさらなる相互交流を活発にしていきます。
  4. 12月に予定の1,000回例会を盛大に開催し、会員以外の方にも当クラブの魅力・元気・個性を伝えていきます。
  5. ロータリー財団・米山記念奨学会へ寄付及び奨学生・留学生との交流を大切にします。

私たち千里メイプルロータリークラブの魅力を内外に発信できるよう努力して参りますので、一人でも多くの仲間が増えることを祈念致します。

千里メイプルロータリークラブ
会長 木下 健治